« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月に作成された記事

2006年9月28日 (木)

カッティング

先日のInstrumental Rock Jamイベントの練習で、「哀しみの恋人達」ばかり練習していた反動か、今週はカッティングばっかしてました。
カッティングって本当に楽しいですね!
何が楽しいかって、カッティングしてると、リズムと一体になっている感じを体感できるんですよね。
それが凄く気持ちいい!!
だから自然と体が動く。

個人的にカッティングギタリスト四天王(笑)ってのがいまして・・・、

ジョン・フルシアンテ
言わずと知れたRED HOT CHILI PEPPERSのメンバーです。
マサーズミルクやブラッドシュガーのころのジョンのカッティングは神がかってましたね。

布袋寅泰
どこかにも書きましたが、BAD FEELINGのカッティング思いついただけでもう神認定!

ヌーノ・ベッテンコート
この人の場合、カッティングを踏まえたリズムワークがものすごくかっこいい!!

アベフトシ
解散したミッシェルガンエレファントのギタリスト。
この人のカッティングはもの凄い!
カッティングをやるためにギターを弾いている感じ。

実はカッティングコレクションMDを作ってあって、無性にカッティングしたいときにそのMDをかけながら、ひたすらカッティングしてます。
中身はレッチリとミッシェルが大半を占めています(笑)

| | コメント (9)

2006年9月27日 (水)

柿ピー

「最近腹が出てきてやばいなぁ~」なんて思いながら、あんまり食事のこと気にしてなかったんですが、さすがに笑っていられなくなり、最近カロリー表示を見るようになりました。
今日なんか0カロリーのペプシ買ったし(笑)。うまくないっすね・・・。

で、この前コンビニでおつまみのカロリー表示見ていてびっくり!!

「柿ピー」ってカロリーめちゃ高いじゃん・・・。

どっかのコメントにも書きましたが、「おまえの主食は柿ピーか!」って友達に言われるぐらい柿ピーが好きで、今もつまみといえば柿ピー(亀田製菓ね!)がメインだったんです・・・。

カロリー表示見てからは、「するめ」とか「梅干」とかをつまみにしてビール飲んでます・・・。
ちょっと悲しいですが、まぁビール飲めるんだから、ええじゃないか!ってことで。

全然話は変わりますが、EVANESCENCEの新譜買いました。
結構いいぞ~。またじっくり聞いたらレビューします。

| | コメント (4)

2006年9月24日 (日)

Experience Night Vol.3 Instrumental Rock Jam

昨日のセッションライブに来てくれた方、どうもありがとうございました。
楽しんでいただけたでしょうか?
僕は、child in time、哀しみの恋人達、Spining Toe Holdの3曲で参加させていただきました。
やっぱ緊張したのは、哀しみの恋人達ですね。ビールも1杯に留め、スタンバイしていましたが、ギターインスト、しかもバラードということで、1音のミスも許されないため、結構プレッシャー感じてました。
でも演奏中は結構落ち着いてたんですよね。
途中までコピーっぽく弾いて、その後Music Life氏と哀愁アドリブ合戦~エンディング
という流れでしたが、アドリブ合戦とか結構楽しんでできましたよ。
ただ、終わってからどっと疲れがでましたが(笑)

で、一番最後のSpining Toe Hold、リレージャムということで、総勢10名以上がリレー方式でソロを取り、結局15分ぐらいの長さになったと思います。
個人的に大ウケだったのは、ベーシストBLUE JBさんのタンバリンソロです(笑)。
演奏しながら爆笑させていただきました。

今回はじめてお話する方も何名かいらっしゃいましたが、音楽を通じてこうやって交流ができるのは素晴らしいことだと思います。
また是非参加したいです。

最後に、今回のプロデューサーのMusic Lifeさん、企画運営お疲れ様でした。
またの機会を楽しみにしています!

| | コメント (19)

2006年9月22日 (金)

大人の文化祭

いよいよ明日、三島アフタービートにて

Experience Night Vol.3 in afterBeat
大人達の文化祭 ~ Instrumental Rock Jam

http://www.geocities.jp/laylack1964/experiencenight.htm

が開催されます。
楽しみ半分、不安半分、といったところでしょうか。
特にバラードはビビッてます。

でも、せっかくこんなに素晴らしい企画に参加させていただくので、
先輩方の胸を借りて目いっぱい楽しみたいと思います。

音のキャッチボール、せめてボールを落とさないようにしないと・・・。

| | コメント (6)

2006年9月21日 (木)

ピックアップ交換

最近ギターのピックアップをFenderのHot Noiselessに変えました。
この前の沼津オーディションでのライブでストラトがハウリまくったのがきっかけです。
この時ギタリストみんなハウリングに苦しんでいたのに、ジェフベックモデルの人だけハウらなかったんですよ!
というわけでジェフベックモデルに搭載されているHot Noiselessを買って付けたんですが、弾いてびっくり!!

ストラトなのにほんとにノイズ出ないんです!
これはかなり衝撃的でした。
ある意味気持ち悪い(笑)
あと、音の分離がいいですね。弾いていて気持ちいい!

さらに、今までサブに甘んじていたオーバードライブが生き返りました!
マジでいい音!!これが一番びっくりです!!
というわけでBootlegのHIZUMIがサブに降格です。
これによって、ワウとチューナー以外は全部MAXONの弁当箱になりました(笑)。

MAXON様、マルチエフェクター出したら買いますよ(笑)

| | コメント (8)

開始時間変更!!

10月23日(土)、アフタービートで行われるExperience Night Vol.3、開始時間が19:30に変更になりました。
見に来られる方はご注意ください!

| | コメント (7)

2006年9月19日 (火)

パソコン入院

パソコンが入院しました・・・。
2ヶ月ぐらい前から動作中に異音→ブルーのエラー画面→ダウン
という現象が出始めまして・・・、でもまだ使えるのでバックアップだけとって誤魔化しながら使っていたんですが、それももう限界・・・。(だんだん頻繁にダウンするようになった)
昨日修理依頼しました。
5年保証入っていたので、14万までなら無償修理です!

ただいまWIN98使ってます・・・。(泣)
デジカメの画像も取り込めない・・・。
こんな生活が1ヶ月ぐらい続くのかなぁ。
はぁ・・・。

| | コメント (4)

2006年9月18日 (月)

リッキーからの手紙

Dsc00621_1  

 

  

リッキーから手紙をもらいました。ママの代筆です。

これは嫌味を言われているのか?

と一瞬考えてしまった・・・。

ギターの練習中に「パパあそぼーよ」とよく声を掛けてきます。
いつも「練習終わったらね」と言って、待ってもらい、その後ちょっと遊んで一緒にお風呂というのが、僕が夜家にいるときの習慣になっています。(風呂上りにギターを弾くと指が痛くなるので・・・)

最近ライブの回数が増えて、晩飯時に家にいるときは、ほぼこんな感じなので、手紙を見てドキッとしました。
もっと遊んでほしいんだろうな・・・。

よし、そろそろリッキーにギターを買ってあげよう。
そして一緒に遊べばいいんだ!(からくりテレビにでてくる竜之介みたいに)
今はアンパンマンのギターで時々一緒にセッションしてますが(笑)、やっぱ音が鳴らないので飽きちゃうんですよね・・・。

よっしゃ、ミニギターを買おう!
ちょっとネットで調べよっと。

| | コメント (10)

2006年9月16日 (土)

秘密の特訓?

ギタリスト、ベーシストの方々は、家ではどういうふうに弾いてるんだろ?

僕は家でギターを弾くとき、必ず立って弾いてます。ノリノリで・・・。
耳コピで音をとるときも立ちっぱなし。(スコアを見て音をとるときだけ座るかな)
こんな設定↓なので、立っていた方がオーディオが操作しやすい!

Dsc00371

 

 

 

 

エフェクターボードもライブ、スタジオと同じように設定してます。
最初はライブと同じ条件で弾いたほうがいいかなってことではじめたんですが、もう今は座って弾くと気持ち悪い・・・、ノレないし、なんかスカッとしないんです。

そしてここ1年ぐらいはさらに進化して、なんと、ステッパー踏みながら練習したりしてます。
最初は、ステッパー買ったときに、ただ踏んでると飽きるのでギターを持ちはじめたのがはじまりだったんですが、これが結構いい訓練になっているようです・・・。
ステッパーは左右の足が交互に動くので、ギターが結構揺れるんですよ。
そんな条件でギターを弾くので、バランス感覚がかなり要求されるんです。

昔は、ライブでテンション上がって、ノリ過ぎて演奏が乱れまくり・・・、なんてことが多々ありましたが、立って練習するようになってからは、本番に割りと強くなった気がします。
(酔っ払ってダメだったり、頭が真っ白になることはありますけどね・・・)

だって普段からライブみたいにノリノリで演奏してるわけですから(笑)

| | コメント (5)

2006年9月12日 (火)

AUDIOSLAVE 夢の競演3作目

Revelations Music Revelations

アーティスト:Audioslave
販売元:Epic/Interscope
発売日:2006/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

AUDIOSLAVEの3rdが出ました!
前作から1年ちょっとでもう新譜。ノリにのっているって感じでしょうか。
今回はノリの良い曲が増えて、メロディアスな曲が減りましたね。
でもクオリティ的には全然OKです!
今回は、funkの要素も少し入っていて、ギターのトム曰く、LED ZEPPELIN meets EARTH,WIND&FIREだそうです。
その表現はちょっと違うと思うが・・・。

このバンドは、元RAGE AGAINST THE MACHINEの楽器隊と元SOUNDGARDENのヴォーカルが合体したバンドなんです。
両バンドとも、90年代を代表するバンドで、僕も大好きだったので、この2組が合体してバンドを組むと聞いたときにはマジで鳥肌が立ちました。

RAGE AGAINST THE MACHINEは激烈グルーヴのロックサウンドにラップヴォーカルが乗るスタイルで、
Bulls on Parade(http://www.youtube.com/watch?v=3Xw7Bk2krtg)
Guerilla Radio(http://www.youtube.com/watch?v=Pe1I7BQAIlE)
こんな感じ。

SOUNGARDENは、サイケ調のハードロックにソウルフルなヴォーカルがのるスタイル。
Fell On Black Days(http://www.youtube.com/watch?v=uvQKS2LlF9Q)
Jesus Christ Pose(http://www.youtube.com/watch?v=7lM3Zx1Pj2w)
こんな感じ。
このころは声に艶がありまくりで、ハイトーンもこれでもかってぐらい出てました。

そんな2バンドが合体するわけですから、首を長~くしてアルバムの発売を待ちましたよ。
こんなにアルバムの発売を待ち焦がれたことは、後にも先にもないですね。
一度結成が頓挫したこともあって(マネージメントが揉めたとかで)、そのとき凄くショックでしたもん・・・。

そしてアルバム発売前にネットでビデオクリップをみて、ぶっとびまくりんぐ!!
カッコよすぎ!
自分の中で、こうなったらいいなとイメージした通りのサウンドで、非常に興奮したのを覚えています!

で、その興奮したビデオがこちら。
Cochise(http://www.youtube.com/watch?v=Q-DkAvRK2Dw)

で、アルバムが発売され、1曲目が上記のCochise、2曲目が下の曲だったのですが、す○やで買って、速攻でカーオーディオに入れ、
頭2曲を聴いてノックアウト!!
ノリまくりで、たぶん車が上下に揺れていたかも(笑)
Show Me How To Live(http://www.youtube.com/watch?v=MfMtivHV47A)

あとこんな曲もあったり・・・。
Like a stone(http://www.youtube.com/watch?v=PC_8u_3_was)

で、ニューアルバムの曲がこちら。
REVELATIONS&インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=Zxdo0UWslhU
http://www.youtube.com/watch?v=hGQAswVzf_g
http://www.youtube.com/watch?v=kEo9Kc7EJ84

1stシングル
Original Fire(http://www.youtube.com/watch?v=_CUkoME-RSY)

クリスの声がSOUNDGARDEN時代と比べると、かなり衰えを感じますが(高音部ね)、
それを差し引いても、非常に楽しめるバンドだと思います。
2ndもかっこいいですよ!

| | コメント (2)

2006年9月10日 (日)

トムとジェリー

本日うちのリッキーと、沼津に新しくできた、ノジマ電気&マルサン書店&西松屋(あとなんだっけ?)の複合施設(名前忘れた)に行ったんですが、満車で入れず・・・。
気を取り直してコジマ電気へ。
ここにリッキーと来ると、アイス&ゲーム&トムとジェリーのDVDというのがお約束になっています。

トムとジェリーのDVD、4話入って500円で売ってるんですよ。
トムとジェリーは僕が子供のころ、テレビ静岡で夕方にこれでもかというぐらい再放送してまして(何年ぐらい放送してたんだろう?)、子供ながらに、凄い発想、展開だよなぁなんて思って毎回楽しみに見てたんですよ。

個人的に、トムとジェリーと大岡越前(同じくテレビ静岡で夕方に再放送してた)は本当に名作だと思ってます!!

 
大人になった今見ても、やっぱあの発想は凄いよなぁ、と思いますよ、ハイ。
この脚本家は天才ですね!!

絶対リッキーも喜ぶはずだと思って買ってあげたら、やっぱり大喜びで見てます!
でも実は親のほうが夢中で見てたりして・・・。

| | コメント (8)

2006年9月 5日 (火)

ライブ告知「Experience Night Vol.3」

9月23日(土)、三島アフタービートにてMusic Life氏の主催イベント「Experience Night Vol.3」が開催されます。
5月のVol.1「Classic Rock Jam」ではスペシャルゲストとしてLynusが参加させていただきましたが、今回のテーマは「Instrumental Rock Jam Session」。
私もセッションプレーヤーとして参加することになりました。

当日のセッションテーマは、
哀愁 ~ ラテン ~ ロック ~ ブルーズ ~ Am ~ E9
哀しみの恋人達 / 哀愁のヨーロッパ / パリの散歩道 / Freeway Jam / Led Boots / Child In Time
Black Magic Woman ~ Gypsy Queen ~ Oye Come Va / E Groove Session / Scuttle Buttin / Blues
その他、Drums & Bass が、構成を確立できて転調とかがない曲
 

詳しくはこちら

何曲かセッション参加させていただく予定ですが、そのなかで、恐れ多くも

「哀しみの恋人達」

に混ぜていただくことになりました。

昔バンドのコラムで、死ぬまでにはライブで演奏したい曲として、この曲をあげましたが、まだちょっと早すぎの感は否めず・・・。
いまからドキドキしています。
あのニュアンスを完コピはできないし、かといってあんまり崩しすぎるのもなぁ・・・。
なによりギターインストのバラードというのは当日かなりテンぱる要素です。
演奏前はビール1杯だけにしておこう・・・。

興味のある方、セッションに参加したい方、是非いらしてください!!

9月23日(土) 三島アフタービート
18:30 OPEN  20:00 START 
料金1000円(1ドリンク付)

| | コメント (16)

サウジアラビア戦を見て

とりあえず、

大熊、うるさすぎ!!

絶対選手ムカついてるって。
テレビ見てるおいらがこんだけムカつくんだもん・・・。

悪夢のワールドユースを思い出したよ。
「サンキュー坂田」しか記憶にない・・・。

試合は惜しかったですね。
オシムの意図したことがまだできてないって感じ。
チャンスは多かったのになぁ・・・。

| | コメント (2)

2006年9月 3日 (日)

THE MARS VOLTA

アンピュテクチャー Music アンピュテクチャー

アーティスト:マーズ・ヴォルタ
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2006/08/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いよいよ出ました、THE MARS VOLTAの3rd「AMPUTECHTURE」。
kこのバンド、ヴォーカルとギターが、元AT THE DRIVE-INです。
AT THE DRIVE-INといえば、空耳アワーの名作「ど、ど、ど、ど、童貞ちゃうわっ!!」を生み出したバンドです。知ってますか?

さて、THE MARS VOLTAのやっている音楽を一言で表すと、

「プログレ・サイケ・サルサ・ロックバンド・・・」

よくわかりませんよね。僕もよくわかりません。
TOOLというバンド(好きなバンドです)もプログレ色が強くて有名ですが、
ちょっとTHE MARS VOLTAは方向が違いますね。
とっつきにくさは同じですが(笑)

今回もかなりキテます!
全8曲で、16分曲が1曲、11分が2曲・・・。
本当はもっとアルバムを聞き込んでからレビューようとしたんですが、
いまだ消化しきれてません・・・。
といあえず、今まで以上にブットンデます。
今回はヴォーカルエフェクトをかなり多用しているので、駄目な人は駄目かも・・・。
あと、ドラムサウンドが前の作品と比べるとこじんまりとしていますね。
レッチリのギタリスト、ジョン・フルシアンテが全編参加だそうですが、それを期待する人もがっかりするかな。
ちなみにジョンとTHE MARS VOLTAのギタリスト、オマーは一緒にプログレプロジェクトをやっているそうです。

いまのところ「また手の届かないところにいっちゃったな」ってのが正直な感想です。
前作、前々作とキャッチーさがあったのですが、今回少ないです・・・。
まぁこのバンドは聞き込んでナンボなので、印象が変わってくると思いますけど・・・。

聞きやすさ、ノリの良さから言うと、1st>2nd>3rdなので、興味を持った方は
1stから聞いてみてください。
1stはノリのよさとプログレ度、サイケ度がわかりやすいので、普通にカッコいいです。
特にドラムは最高ですよ!
で、ハマッた方は2nd、3rdという順に。
くれぐれも順番を間違えないように(笑)
いきなり3rdから聞くと、「ん・・・?」となると思います。(笑)

| | コメント (3)

2006年9月 1日 (金)

思い出話(ロックフェス編)

今回もデイヴ・ナヴァロネタをからめて・・・。

実はデイヴ・ナヴァロを生で見たことあるんですよ。レッチリのメンバーとして。

それは忘れもしない第1回フジロックフェスティバル。
日本でほぼ初めての本格的ロックフェスということで、とにかく大変でした。
まず、河口湖駅(たぶん)からシャトルバスが出ていたのですが、これが長蛇の列・・・。
2時間ぐらい待ちました。
まさかの台風直撃(結局2日目は中止)で、途中から雨、風・・・。
服はビチョビチョだし夏でも寒かった(場所は天神山スキー場)。
とどめは、フェス終了後にシャトルバスで帰ろうとしたら一向に動かない。理由を聞いてみると、スキー場までの道が路上駐車だらけになっていて、シャトルバスが通れない状態だとか(怒)
しかたなくスキー場から車を停めていた川口湖畔の駐車場まで4時間!かけて歩きました・・・。
ライブを極限まで楽しんだ後の徒歩4時間は非常に辛かった。しかも台風の中ですよ。

第1回参加バンドは、結構豪華だった記憶があります。
覚えているだけで、FOO FIGHTERS、Hi-LOWS、RAGE AGAINST THE MACHINE、イエローモンキー、レッチリ。

FOO FIGHTERSは確か2ndがでたばかりで、新曲が(半分ぐらいだったかな)あまり盛り上がらなかった気がする・・・。

Hi-LOWSは楽しかった!
僕は本当は裏でやっているMAD CUPSLE MARKETSを見たかったのですが、こっちを見てよかった!
最後はヒロトがお約束?でチ○チ○出しました。

RAGE AGAINST THE MACHINEは、一番盛り上がりましたね。
大好きなバンドなので非常に楽しみにしていたのに、直前に、雨のせいでコンタクトがはずれ、なかなかコンタクトがはめられなくて焦ったのを覚えています(笑)
僕は鏡を見ないとコンタクトはめられないんです・・・。
で、ライブですが最高に盛り上がりました。
観客が盛り上がりすぎて、客席から湯気がたちこめてしまい(雨降ってたからね)、ステージが見えなくなる!!
という凄まじい光景が・・・。
この光景は忘れられませんね。まさにマジックという感じで。
でもステージが見えないのはちょっとキツかったです・・・。

トリ前はイエローモンキー。
実はイエモン結構好きだったりするのです。が・・・。
出番はRAGE AGAINST THE MACHINEの直後、ということで、ここでビックリするぐらい客層が入れ替わりました。
「おまえらどこにいたんだ」っていうぐらい、若い女の子たちが来襲!
しかもみんながみんなテレビでよく見るようなビジュアル系、J-POPっぽい振り付け?をやっていて、
見ていて引いてしまった・・・。というわけで、脇で休んでいました。
ステージ前は女の子ばかり、その周りでたち悪そうな男どもがレッチリに備えて休んでいるというフェス独特?の光景でした。

そしてトリがレッチリ!!!
雑誌とかでは、伝説のライブだったとか言ってますが、正直そんなこと全然なかった(泣)。伝説のライブっぽかったのはRAGE AGAINST THE MACHINEのほうですね。
レッチリがスタートしてから雨風が強くなり、雨は横殴りでステージに直撃、ステージ上の照明がついている天井はグラグラ揺れている!
見ていて危ないと思ったぐらいです、当然レッチリのメンバーもしきりに上を気にしていて、いまいち盛り上がりに欠けている様子。
そりゃそうだ、命がかかってるもん。
結局7曲ぐらいで終了・・・。
ちなみにナヴァロは当然裸でした(笑)。
アンソニーはギプスしてた気がする。

一つ面白かったのは、レッチリ演奏前に、迷子の放送をやったんですよ。
仲間とはぐれた人にマイクを貸してくれて、はぐれ人たちが「レッチリのライブ終わったら○○の前で待ってます」とかみんな言ってるんですよ。
ありえないですよね。
で、何人か終わった後に、またまた迷子のやつがしゃべったんですが、

そいつてっちりのライブ終わったら・・・」って。

「そりゃフグだろ!」とオーディエンス総ツッコミ状態で爆笑でした!!
なんか微笑ましくてよかったなぁ。

またフェス行きたいけど、30男には体力的に辛いかなぁ・・・。
てゆーかロックフェス、トラウマになってるかも・・・。

フジロック今年10周年だったんですよね。

年取るわけだ・・・。

| | コメント (5)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »